運動している肥満女性

拒食症は心の病気

仕事中で食べる男性

ダイエット目的などで、空腹でも食事を制限する人は少なくなりません。
しかし、この食べることへの制限や恐怖感、罪悪感が行き過ぎると心の病気である拒食症を発症することがあります。

拒食症は心の病気です。
主に10代~20代の女性に多く見られる病気です。

拒食症が始まるきっかけは人によって違いますが、多いのは当初は軽いダイエットのつもりだったものがエスカレートして拒食症に至るケースです。
周囲からダイエットの成果の賞賛をされることによって、体重減少への熱意に異常な拍車がかかってしまうのです。

拒食症の背景には、社会の「痩せている女性は美しい」という風潮があることは否めません。
それにより女性は、「美しくなるためには痩せなくては」という強迫観念に駆られてダイエットをし、拒食症へエスカレートしてしまうのです。

また、自分自身の外見へのコンプレックスや特殊な家庭環境、完璧主義的な心理的要因が絡むと、魅力的に痩せなくてはというプレッシャーが増幅することが多いです。
体重を減らすという明確な目的があるため、結果もわかりやすく出やすく、自分に自信を持つための手頃な目標になってしまうのも要因の一つです。

また、美意識が目覚める思春期の女の子も陥りやすい病気でもあります。

関連記事
  • お腹の脂肪を心配する男性
    禁煙をすると太ってしまう? タバコはやめようと思っても、なかなかやめられるものではないのです。 最近では、禁煙ブームとなってきて... 2019年06月28日
  • ジョギングする肥満女性
    拒食症になった芸能人 心の病気に拒食症というものがあるのですが、これは心に強いストレスを感じたり自分はすごく太っていると思... 2019年09月05日
  • 体重を気にする女性
    ダイエットから拒食症へ 近年、ダイエット目的で、無理な食事制限をする人は少なくありません。 それが引き金となり、食べると太る... 2019年07月14日
人気記事一覧
最近の投稿